明石高専ロボ研とは

明石高専ロボット工学研究部(以下ロボ研)は、「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)」に出場するロボットを製作する部活動です。
その他にも「親子で楽しむロボット教室」等の地域向けイベントや、主に近畿地区の高専が合同で開催する「近畿地区合同ロボコン(合ロボ)」にも参加しています。

ロボ研の歴史

1996年までは、有志チーム(年度ごとにやりたい学生が集まったチーム)が高専ロボコンに出場していました。
1996年に全国大会準優勝を記録した翌年の1997年、「明石高専ロボット工学研究会」が発足しました。
その後、2002年に同好会から部へ昇格となり、「明石高専ロボット工学研究部」へ改称されました。
途中までは「ロボ研チーム」と「有志チーム」の2チームで大会に出場していましたが、現在はロボ研内の2チームで大会に出場しています。

近年は全国大会に出場する回数も増えています。

  • 2015年「わっさん」 近畿地区大会優勝・全国大会ベスト4
  • 2016年「あさごん」 全国大会ベスト4
  • 2018年「明明明明」
高専ロボコン2015
高専ロボコン2016

最近ではロボ研をもっとアピールしようと、2014年には明石高専ロボ研のロゴマークが製作されました。
2016年3月には本ホームページが誕生しました。

明石高専ロボ研 ロゴマーク

また2014年にTシャツ(通称ロボ研T)を製作。2016年にはロボ研Tを置き換える形で作業着が製作されました。
2018年からはロボ研のロゴマークが入ったヘルメットも使用しています。

活動時間

平日の16時10分(4限終了後)~20時まで活動しています。9月から11月は土曜日・日曜日・祝日も活動しています。
夏休み・春休みは9時~20時まで活動しています。冬休みは活動していません。

活動場所

ロボ研はプレハブ、器具庫、実習工場が主な活動場所となっています。

部員所属状況

2018年11月9日現在、59人の部員が所属しています。
( )内は女子の人数を示します。

学年・学科別所属状況(2018年11月9日現在)
M科 E科 C科 A科
4年 4 3 0 0 7
3年 7(3) 4(1) 1 1(1) 13(5)
2年 17(2) 5 0 0 22(2)
1年 12(1) 4 1 0 17(1)
40(6) 16(1) 2 1(1) 59(8)

ロボ研では、所属学科に関係なく自分が希望する班に入って活動できます。


ロボ研では、設計班、加工班、制御班、電気班、外装班と5つの班に分かれており、協力してロボットを製作しています。

  • 設計班
    パソコン上の3DCADソフトでロボットを設計し、図面を出力します。
  • 加工班
    設計班から渡された部品の図面を元に、実習工場にある様々な工作機械を使い材料を加工し、要求されている部品を製作します。
  • 制御班
    ロボットに搭載された機構を動かすためのプログラムを書きます。
  • 回路班
    アクチュエータを動かすための基板を製作したり、はんだ付けや配線を行います。
    基板はパソコン上のCADソフトで設計したものを海外へ発注し、量産をしています。
  • 外装班
    ロボットの外装や装飾を担当しています。(他の班と兼任)
    試合で使用するオブジェの製作や、ヘルメットの塗装も手がけています。

また、会計や広報等も部員が行っています。